【2022年】ライブ配信アプリランキング【Check!】

LUUPとは?魅力と使い方を解説!【次世代シェアサイクル】

次世代シェアサイクルLuupとは

こんにちは、ほろよい(@horoyoi_blog)です

今回は次世代シェアサイクルサービス「LUUP」を紹介します!

  • 最寄駅から目的地まで歩いていくのが面倒だな…
  • タクシー使うのももったいないな…

そんな経験がある方は結構多いのではないでしょうか

LUUPはそのような悩みを解決してくれます!

LUUPとは?

運営会社株式会社Luup
アプリ利用料無料
モビリティ乗車料金ライド基本料金50円
時間料金1分あたり15円
サービス開始時期2020年5月

LUUPは街中の電動小型モビリティにどこでも乗ることができ、好きな場所に返却することができる次世代シェリングサービスです

現在は東京都(渋谷区・目黒区・港区・世田谷区・品川区・新宿区・中央区・千代田区・江東区・墨田区・台東区・文京区・豊島区・中野区・杉並区)、神奈川県横浜市(神奈川区・中区・西区)、大阪府大阪市(キタ・ミナミエリア)、京都(京都市)のエリアでサービスを提供しています

LUUPの特徴

ポート設置数No.1

提供エリア内でのポート(モビリティの置き場所)設置数はなんと業界No.1!

機体が小さく、自動販売機を置けるぐらいのスペースがあれば設置できるのでポート数がとにかく多いです

ポートの設置例(飲食店のデッドスペース)

こちらは新宿駅周辺のマップですが、緑のピンの場所にポートが設置されています!

ものすごい数だ…
ほろよい
ほろよい

駅から目的地まで歩いていくには少し遠いし、タクシー使うのも勿体ない…そんな時に重宝しそうです!

使い方が簡単!

Luupの使い方はとても簡単です!

アプリからモビリティに貼ってあるQRコードを読み込むだけで乗車できます

決済もアプリに登録したクレジットカードから引き落とされるので楽チンです

初めて利用する際は、アカウント登録が必要ですが、3分程度で作成できるので手間もかかりません!

デザインがスタイリッシュ

Luupのモビリティのデザインは他社と比べてスタイリッシュでカッコいいです!

luup

こんなにスタイリッシュですが、馬力は強いので坂道でもスイスイ登れます

ほろよい
ほろよい

私はLuupのデザインが一番好きです!

アカウント登録方法と使い方

アカウントの登録手順を簡単にまとめておきます

アプリをインストール

まずはアプリをインストールしましょう

以下のリンクからダウンロードできます

LUUP/ループ:シェアサイクル &電動キックボードシェア

LUUP/ループ:シェアサイクル &電動キックボードシェア

Luup, Inc.無料posted withアプリーチ

アカウント登録

アカウントはたったの3ステップで登録できます!

1.名前とメールアドレスを入力

2.性別, 生年月日, 住所を入力

3.クレジットカード情報を入力

これだけで登録完了です!

ライドする(モビリティを借りる)

ライドする時はモビリティのQRコードをアプリから読み取るだけです!

1.「ロック解除」をクリック

2.QRコードを読み取るだけ!

モビリティに貼られているQRコードを読み取るだけで手続きは完了です!

LUUPの料金

料金はライド基本料金50円で、1分毎に15円加算されていきます

例) 15分乗車の場合 50円 + (15分 * 15円) = 275円

また、特別定額プランも用意されています

1日パック(6時間)750円
1日パック(12時間)1,000円
週額パック(1日6時間まで)3,000円
月額パック(1日6時間まで)6,000円

まとめ

とにかくポートの設置数が多いので、他社サービスよりも乗りやすく返却しやすいのが非常に良いなと感じました!

都心に住んでいる方は是非利用してみてください^^

LUUP/ループ:シェアサイクル &電動キックボードシェア

LUUP/ループ:シェアサイクル &電動キックボードシェア

Luup, Inc.無料posted withアプリーチ

最後まで読んで頂きありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。