月額9,800円から通えるプログラミングスクール

CodeShipの評判や口コミはどうなの?エンジニアの私が調査してきました!

CodeShipの評判まとめ

この記事ではプログラミングスクール「CodeShip」の評判やクチコミをまとめています。

読者
読者

CodeShipの評判ってどうなんだろう?

ほろよい
ほろよい

エンジニアの私が調べてきました!

CodeShipに興味のある方は結構いると思いますが、HPを見に行ったり評判を調べたりするの面倒ですよね。

そこで今回は時間のない皆さんの代わりにCodeShipの料金や受講形態などHPやTwitterの口コミから調査してこの記事にまとめました!

HPやTwitterで分かる情報は一通り網羅しているのでCodeShipに興味のある方は是非読んで頂ければと思います。

CodeShipの基本情報

スクール基本情報

スクール名CodeShip
料金350,000
場所池袋校舎orオンライン

運営会社情報

運営会社Wemotion.inc
設立年2016年
事業内容SES,転職エージェント,プログラミングスクール運営

運営会社のWemotion.incは2016年設立でまだ若い会社のようですね。プログラミングスクールの他にもSES事業も行っているみたいです。

CodeShipの講師はWemotion所属のエンジニア達がやっているようなので、プログラミングスクールでありがちなバイトが講師をやっているみたいなことはなさそうです!

CodeShipの料金

料金体系は次の通りです。

定期通学プラン(オフライン)350,000円
通い放題プラン(オフライン)600,000円
オンライン通学プラン350,000円

オフラインのプログラミングスクールの相場は600,000円~700,000円程度なので、とても良心的な価格だと思います。

CodeShipで学べること

CodeShipは全部で6つのコースを用意しているみたいです。

  • ウェブメディア開発コース(HTML, CSS, WordPress, PHP, Laravel)
  • フロントエンド開発コース(HTML, CSS, JavaScript, jQuery)
  • SNS開発コース(Ruby,Rails)
  • ウェブアプリ&データ処理コース(Python, Flask)
  • ゲーム開発コース(C#, Unity)
  • 先進ウェブサービス開発コース(JavaScript, React, Vue.js)

WordPressでのウェブ制作やサーバーサイド言語であるRuby, データ処理のPython, ゲームのC#などなど幅広い領域をカバーしています。

ReactやVue.jsのような最新の技術を学べるスクールは少ないので、モダンな技術を学びたいという人には特に向いていると思います!

受講期間内であれば全てのコースを受け放題な点も良いですね!

CodeShipの受講形態

週3~4コマ(1コマ2時間)の授業に教室かオンラインで参加して講師と一緒に学習を進めるスタイルとなっています。

開校時間は平日12~21時と土曜日12時~20時の間で、コースによって時間が決まっているようです。(詳しくは 無料体験で聞いてみてください)

カリキュラムの流れ

カリキュラムの流れは次のようになっています。

基礎構文学習

プログラミングで必須となる基本的な構文を学ぶ

応用利用学習

フレームワークの使い方や命名規則などを学ぶ

模写開発

既存サービスと類似したサービスを制作してプログラミングの実用性を学ぶ

オリジナル開発

自分オリジナルのサービスを開発して理解を深める

ほろよい
ほろよい

現役エンジニアのアドバイスを受けながらオリジナルアプリを制作できるのは良いですね!質の高い作品を作れそうです。

CodeShipの特徴

色々なプログラミングスクールを見てきた私の視点からCodeShipの特徴を紹介します。

受講料が安い!

受講料が350.000円で、オフラインのプログラミングスクールの中では圧倒的に安いです。

私が通っていたテックキャンプの転職コース(848,000円)と比べると半額以下

オフラインのプログラミングスクールの相場は600.000円~700,000円前後なのでCodeShipは本当に安いと思います。

もちろん教室の開校時間やサービス内容が違うので料金に差があるのは当然ではありますが、それを考慮しても安いのは間違いないと思います。

ReactやVue.jsのようなモダンな技術を学べる!

モダンなフレームワークを学べるのもCodeShipの大きな特徴です。

色々なスクールを見てきましたが、ReactやVueのようなモダンなフレームワークを扱っているスクールはごく稀です。(多分ここ以外ない気がします)

大手プログラミングスクールのテックキャンプやDMM WEBCAMPでも今のところは扱っていません。

初心者にはハードルが高いと思って開講していないのか、そもそも教えられるエンジニアが不足しているのか…?

理由は分かりませんが、ReactやVueを学びたいと思っている人には特におすすめできるスクールです。

期間内なら全カリキュラム受講可能!

CodeShipでは期間内であれば全てのコースを受講可能です!

学生や求職中の方は時間に余裕があると思うので頑張れば複数コース制覇できると思います。

是非挑戦してみてください!

CodeShipの評判は?

受講者が少ないので講師と蜜に話せる!

CodeShipは講師一人当たり受講生1~5人までと決めているので、講師に質問しやすいのが良いですね!

受講ペースを自由に変えられるから仕事や学業と両立しやすい!

幅広いカリキュラムから自分の学習したいコースを選べた点がよかった.

基本的には,講義ベースではなく,自習ベースなので毎週教室に行くことでモチベーションが保てる人にはいいスクールだと思う.

卒業制作を作ることが卒業要件で,卒業するときには絶対自分のオリジナルの成果物があるので,就職や転職にも有利に働くと思う.

また,自分の仕事や学業で忙しいときも受講ペースを自由に変えられるので,両立はしやすい.

引用元:https://codelearn.jp

CodeShipは基本的にカリキュラムを自分で進めて、週3~4コマの講義でエンジニアに質問したりする形になります。

受講ペースは自由に変えられるので、急な予定が入った時でも問題なく調整できます!

ほろよい
ほろよい

大学生は部活やサークル,バイトに遊びなどなど急な予定が入ることが多いと思いますが、問題なく両立できそうですね!

満足できるまで無料で延長できる!

自分のペースで学習を進められて、納得出来るまで卒業制作をさせてもらえるので、とてもやり易かったです。

授業は週3コマで、時間の組み方が割と自由で後から変更も簡単です。また、卒業制作に満足出来るまで期間を延長させて貰えます。

追加の授業料も無いので心置きなく制作出来ました。

個人的には、プログラミング以外にも時間を割かなければならなかったので、無理に期限を設けず、納得出来るものを作らせてもらえるCodeshipの方針はとてもありがたかったです。

引用元:https://codelearn.jp

CodeShipでは期間内にカリキュラムが終わらない場合でも無料で期間を延長してくれます。

多くのスクールの場合、延長料金で結構な額取られるので良心的だと思います。

卒業制作も満足いくまで制作できるので転職活動も有利に進められそうです!

まとめ

下記に当てはまる人は一度無料体験を受けてみるのをお勧めします!

  • 池袋周辺の学生さんや社会人
  • モダンな技術(ReactやVue.js)を学びたい人
  • オフラインで料金の安いスクールを探している人

この記事やネットで公開されている情報だけでは分からないことも多いと思いますし、本当に自分に合っているか確かめるためには自分でスクールに足を運んで話を聞てみるのが一番です。

ほろよい
ほろよい

私自信いくつかのスクールのカウンセリングを受けたことがありますが、カウンセリングを受ける前と後では大きくイメージが変わりました。

無料体験はこちらからどうぞ! => CodeShip無料体験

最後まで読んで頂きありがとうございましたm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です